カードローンの限度額について

カードローンサービスの利点として、高い限度額の設定がしばしば取り上げられます。
これはこちらのサービスに限ってのことなのでしょうか。
そもそも借り入れ限度額とは、借り入れ者のご利用範囲を明確に表現したものです。
設定される金額の範囲内であれば、お好きなように借り入れできます。
企業が設定する借り入れ限度額は、総量規制との関連性が度々指摘されます。
総量規制という法律には、企業の貸し出しはサービスご利用者の年収の三分の一を超えてはならないことが規定されています。
よって規制が適用される限りは、高額借り入れは不可能の様に感じられます。
しかし実際には、その基準を超える貸し出しが行われています。
それは何故なのでしょうか。
先程の総量規制の規定には例外が存在します。
消費者に与える損害のリスクが少ない内容であれば、基準を超える貸し出しが可能なのです。
たとえば長期間の借り入れを低金利で実行する内容であれば、総量規制の問題とするところではありません。
また銀行が提供するカードローンサービスでも同様に、総量規制の対象とはなりません。
総量規制は銀行以外の企業を対象としているため、銀行のカードローンサービスでは、より高額な限度額を設定できるのです。

関連記事はこちら: